サプリ・食品関連コラム

コレステロールとオリーブオイルに含まれるオレイン酸の関連性

オリーブオイルにはオレイン酸と言う一価不飽和脂肪酸のひとつが含まれています。このオレイン酸は体内で合成される脂質で、動物性脂肪や植物性の油に多く含まれている脂肪酸でオリーブオイルの主成分でもあります。



脂肪酸と聞くとあまり良いイメージがしないと思うかもしれませんが、脂肪酸は脂質の主な成分で私たち人間にとって生きるためのエネルギー源として欠かすことができない栄養素です。



脂肪酸には飽和脂肪酸とオレイン酸のような不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸は肉や乳製品に多く含まれていて過剰に摂りすぎると肥満や生活習慣病の原因ともなる悪玉コレステロールを増加させてしまいますが、不飽和脂肪酸であるオレイン酸は太りにくいとされている脂肪酸とされています。


コレステロールは本来、肝臓や腸で作られた歯質を細胞膜の構成や副腎皮質ホルモンの材料にするなど健康維持のために欠かせない働きをしているものです。悪玉コレステロールは体全体にコレステロールを運ぶ働きを持っています。


そのため過剰なコレステロールは全身に運ばれ血液の流れを悪くしたり、血管壁などを塞いでしまうことがあり脳梗塞や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因とされているのです。


オリーブオイルを多く摂取している地中海地方では狭心症や心筋梗塞と言った冠状動脈性の心疾患などの発生が少ないと言われていますが、それはオリーブオイルに含まれるオレイン酸とコレステロールに関係があると言われています。


オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、血液中の善玉コレステロールの数は減らさずに悪玉コレステロールだけを体外に排出したり抑制する働きがあります。それによって脂質異常や動脈硬化、狭心症、心筋梗塞などの予防効果があるからで、その他にも生活習慣病やガンの発症リスクも軽減させる効果があるとされています。


オレイン酸は酸化しにくいのが特徴で、長期の保存もでき熱にも強いので様々な調理にも用いることができます。



油というのは体に悪いモノ、という思い込みが我々にはありますが、オリーブオイルなど体に良いタイプの油もあるので勘違いしないようにしたいところです。少し前に話題になった中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイル・MCTオイルなども摂取し始める人は増えていますよね。


関連記事

納豆を食べると悪玉コレステロール値を下げることができる?
ニンニクが善玉コレステロールを増やしてくれる?
コレステロールが高い人がパンに塗ると良いのはバター?マーガリン?
血糖値・コレステロール値を下げるといわれる「クロム」の解説
ごまに含まれるセサミンとコレステロール・美容の関係性について


コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金