サプリ・食品関連コラム

ニンニクが善玉コレステロールを増やしてくれる?

最近では、自分や家族の健康に気を配っている人が増えています。数多くの健康食品やサプリメントなどがありますが、中でも体に良いとされるにんにくが大きな注目を浴びています。にんにくには、善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。



抗酸化作用が強く活性酸素を抑えるアリシン、腸内環境を整えて善玉コレステロールを増やす働きのあるオリゴ糖、血液をサラサラにして血中コレステロールを減らすことができるスコルジンなどの成分が豊富に含まれています。上手に活用することで体調の回復にも役立ちます。



特に、オリゴ糖は、コレステロールやそこからできた胆汁酸などを体外へ排出するサポートをすることによって、善玉コレステロールを増やして結果的に悪玉コレステロールを減らす効果を期待できます。オリゴ糖は、糖質の一種でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなります。そして、善玉菌を増やしお腹の調子を良くして便秘などの辛い症状を改善に導いてくれるのです。


慢性的な便秘に悩んでいる女性たちの間でも圧倒的な支持を誇っています。血管中に血の塊ができてしまう血栓を予防して、動脈硬化や心筋梗塞などの深刻な疾患になるリスクを下げることにもつながります。



また、にんにくに含まれている成分は、そのまま摂取するよりも加熱したりすり潰すことによって、より高い効果を発揮します。切ったりすりおろすことでアリインという成分が分解されて酵素が発生します。それによりアリシンとなりより一層健康的な体へと近づくことが可能なのです。できる限り食材としてにんにくを摂取する方が、満足感を感じられます。



日常生活においても、気軽ににんにくをとれるよう調理方法を工夫することで簡単に健康法として活用できます。生姜焼きをにんにくに変えるだけでも栄養素をしっかりと摂取しながら善玉コレステロールを増やすことが可能なのです。このように、にんにくは多くの人々からも厚い信頼と高い人気を集めています。



ニオイが気になる方や、味が苦手という方は、にんにく卵黄やニンニクサプリなどの力を借りるという方法もあります。実際にこれらニンニク関連のサプリメントを長い間愛飲している方は大勢いらっしゃいます。


関連記事

納豆を食べると悪玉コレステロール値を下げることができる?
コレステロールとオリーブオイルに含まれるオレイン酸の関連性
コレステロールが高い人がパンに塗ると良いのはバター?マーガリン?
血糖値・コレステロール値を下げるといわれる「クロム」の解説
ごまに含まれるセサミンとコレステロール・美容の関係性について


コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金