サプリ・食品関連コラム

くるみは意外と栄養価が高い?!どんな効果効能が期待できる?

くるみは約6割が脂質ですが、良質の植物性たんぱく質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。非常に栄養価が高く、生活習慣病のリスクを軽減させることで最近では注目されていますが、摂取することで様々な効果や効能が期待できます。



くるみは手軽に栄養を摂取できるという点で、日常に取り入れやすい食品の1つです。


くるみの効能として、悪玉コレステロールを減らすn3系脂肪酸とn6系脂肪酸という必須脂肪酸を豊富に含んでいます。体内で生成することができないので、食事から摂取するしかないものです。くるみは、その脂肪酸の比率が理想とされている比率で含まれているためめ、血液をさらさらにし、血栓ができにくくなります。


また、血行促進効果やビタミンEをはじめとする抗酸化物質も多く含まれています。そのため、血液中のコレステロールの酸化を防ぐことが期待でき、動脈硬化の予防にもつながります。動脈硬化が予防できるとともに、高血圧の予防や改善にもつながり、さらに脳卒中や心筋梗塞の予防にもつながるのです。



くるみに含まれるn3系脂肪酸はLDLコレステロール、中性脂肪を減らす効果もあります。くるみ自体のカロリーは高いのですが、糖質が低いことや良質の植物性たんぱく質や食物繊維が多く含まれているため、肥満の予防や改善にもなります。


食事制限が必要な方にとっては、満腹感を得られ、効率的に栄養を摂取できます。また、滋養強壮や疲労回復促進作用、ストレス緩和、不眠改善、便秘の解消や美肌効果、アンチエイジング、認知症の予防や緩和などにも有効とされています。


くるみは1日25g程度、通常のサイズで5個くらいの摂取がよいとされています。ただし、おいしいからと過剰に摂取することは、逆に健康に害を及ぼしてしまう可能性もありますので、摂取目安を守りましょう。そして毎日継続して摂取することで、くるみの様々な効果・効能を期待することができるといえるのです。


関連記事

ワイン・お茶に含まれる「タンニン」の効能効果を教えてください。
カプチーノ・アップルパイなどに使われる「シナモン」の意外な効果とは?
ココアにはピロリ菌除去効果あり?その他ココアが含む成分についても
黒糖の特徴や黒糖を含む食品について教えて!
アミノ酸の1種「ギャバ」のリラックス効果・肥満予防効果など


コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金