サプリ・食品関連コラム

アミノ酸の1種「ギャバ」のリラックス効果・肥満予防効果など


ギャバ(γ-アミノ酪酸)は、精神を安定させる作用のあるアミノ伝達物質です。血圧降下、中性脂肪を抑える、肝臓と腎臓の働きを高める、リラックスさせる、血糖値を下げる、などの効果が期待出来ます。


ストレスが溜まっているなどして睡眠に悩みを抱える方向けの休息サプリメントの成分として採用されていることもあります。



ギャバはグルタミン酸と逆の働きをする物質で、グルタミン酸が脳を興奮させる伝達物質であるとすれば、ギャバは脳を沈静化させる伝達物質です。脳内の血流を促進させて酸素供給量を増やす、脳細胞の代謝機能をアップさせる、などの作用があります。もともと哺乳動物の脳や脊髄に存在する物質ですが、不足するとイライラしたり、体調不良の原因になります。


食品の中で含有量が多いのは、発芽玄米、カカオ、キムチ、紅麹、糠漬け、納豆、です。


リラックスさせられるのは、脳が興奮してイライラしている状態を、ギャバの力で抑制させることが出来るからです。そのため、突発的な行動を起こしてしまうような精神疾患に対して、ギャバを使った薬が処方されることもあります。てんかんなどの発作性の治療薬として使われることもあります。そのほか、睡眠障害、自律神経失調症、うつ、更年期障害、などの症状改善効果も期待されています。



リラックスによって食べ過ぎを防いで肥満を防止するとともに、ギャバには中性脂肪を抑える働きがあります。内臓の働きを活発にしてエネルギーの消費量を高めると共に、血中コレステロールや中性脂肪をコントロールして脂質代謝を促す作用があります。既存の肥満症状に対しても、エネルギー消費量を高めたり、ストレス食いを抑えさせることで太りにくく痩せやすい体質改善が出来る可能性があります。


これにより、肥満の予防や糖尿病の予防効果が期待されています。


糖尿病に対しては、インスリンの効果を高める作用が認められています。インスリンがうまく効かない糖尿病患者は、血糖値が上昇してしまうのが問題になりますが、ギャバを1日2から3g摂取させた実験では、半数の患者に血糖値の低下作用が見られたという報告があります。


関連記事

杜仲茶にはどんな効果があるの?成分の特徴は?
ワイン・お茶に含まれる「タンニン」の効能効果を教えてください。
カプチーノ・アップルパイなどに使われる「シナモン」の意外な効果とは?
ココアにはピロリ菌除去効果あり?その他ココアが含む成分についても
くるみは意外と栄養価が高い?!どんな効果効能が期待できる?


コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金