肥満の原因 中性脂肪

中性脂肪とコレステロールの違いは??

健康診断などで血液検査をすると、「コレステロールと中性脂肪の数値が・・・」など、なんだかセットのように表現されることが多いかと思います。


コレステロールとは??でもお話ししたように、コレステロールは脂質の一種で体内で細胞膜や性ホルモンの材料となる物質です。


中性脂肪も似たようなものなのか??と思われがちですが、これも中性脂肪とは??でお話したように、同じく脂質の一種ですが働きと機能が違います。


中性脂肪はワタシたちが活動する際に必要なエネルギー源の事。
余分になったら、肝臓や体脂肪(皮下脂肪や内臓脂肪)として蓄えられるので、肥満の原因にもなります。


逆に、食事不足や運動で消費され、エネルギーが足りなくなると蓄えられていた中性脂肪が分解されて脂肪酸に変化。エネルギーとして利用されるのです。


ヒトの体内にある脂肪には4種類あるとお話しましたが、それぞれの働きについても紹介します。
(※コレステロールと中性脂肪は上記にあるので省きますね。)


脂肪酸・・・ワタシたちが生きていくために必要なエネルギーとして利用されるのが脂肪酸。
この脂肪酸が消費しきれず余分になってしまった分が中性脂肪になります。


リン脂質・・・細胞膜を構成する成分で、体内での脂肪の運搬・貯蔵に必要なたんぱく質と結合させる役割を担っています。また、水と油をなじませる両親媒性の性質ももちます。


中性脂肪が増えるとHDLコレステロールに関係する!!?

同じ脂質でも、体内での働きや機能が全く違うコレステロールと中性脂肪。
働きもちがうので関わりもないのかと思いきや、実は善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと中性脂肪大きく関係しているようなんです。



中性脂肪が増えると、HDLコレステロールが減りLDLコレステロールが増えてしまうのです!
つまり、中性脂肪の増加は動脈硬化を促進させてしまうことなるのです。
この症状が「高脂血症」という病気です。
メタボリックシンドロームなどの生活習慣病でもあります。



高脂血症は、血液中の中性脂肪・LDLコレステロール値が基準値を超えてしまった状態。
中性脂肪値(TG値)が高い「高トリグリセライド症」、コレステロール値が高い「高コレステロール症」があり、自覚症状は全くなく、健康診断の血液検査や動脈硬化が見つかった時に分かることが多い病気です。


関連記事

コレステロールとは??

中性脂肪とは??

コレステロールの種類 HDLコレステロールとLDLコレステロール

中性脂肪の数値 TG値で分かる? 病気のリスク


←前の記事 中性脂肪とは??



コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金