コレステロールについて

コレステロール値を低下させる効果がある栄養成分



コレステロールを下げるには、食事療法が一番簡単です。


食事療法といっても、何をどんなふうに摂ったらいいものか、素人にはわからないものです。
メニューを決められ、そのまま実践するだけでもよいのでしょうが、何に含まれるどんな成分がコレステロール値を下げる効果があるのかを知っておくことも必要だと思います。


コレステロールを下げる効果のある栄養成分は??



肝臓で合成されるコレステロールは、食事内容で大きく変化します。
同じ脂肪を摂取するのでも、コレステロールの合成を促進する飽和脂肪酸と、合成を減らす不飽和脂肪酸をバランスよく摂取することが大事です。



一価不飽和脂肪酸


オリーブオイルやキャノーラ油に含まれる脂肪酸。
一価不飽和脂肪酸の成分のほとんどがオレイン酸で、体内での生成される成分です。


オレイン酸は、LDLコレステロールだけを低下させる作用を持っています。
他にも、胃酸の分泌を抑制し、胃酸過多や胃潰瘍の予防にも効果があります。


オレイン酸を多く含む食品は、ゴマ・松の実・落花生・アーモンドなどの木の実。
オリーブオイル・キャノーラ油(菜種油)・ごま油などの、植物性油です。



多価不飽和脂肪酸


多価不飽和脂肪酸は、n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸に分けられます。


n-6系脂肪酸は、リノール酸・γ-リノレン酸・アラキドン酸。
大豆油などの植物油に多く含まれています。


中でもリノール酸は。体内で作り出すことが出来ない必須脂肪酸で、LDLコレステロールを下げる効果があると言います。
しかし、同時にHDLコレステロールも低下させてしまうので、摂取し過ぎには注意が必要です。


n-3系脂肪酸は、DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンサエン酸)・α-リノレン酸です。
DHA・EPAは青魚(サバ・サンマ・イワシ・アジなど背の青い魚)などの魚介類の魚油に多く含まれ、α-リノレン酸は植物油に豊富な成分です。



DHA・EPAは、コレステロールを低下させる働きがあることでも有名です。
DHA・EPAは中性脂肪を減らし、血液サラサラにして流れを良くする効果もあり動脈硬化の予防に効果的です。



エリタデニン
シイタケに含まれる特有の成分で、食物繊維との複合作用でコレステロールを低下させる作用があると言います。
栽培時のシイタケ発生温度が高いとエリタデニンの含有量も増えるといわれます。



水溶性食物繊維
大麦に含まれるβ-グルカン・グルコマンナンや、海藻類に含まれるアルギン酸ナトリウムなどは、
コレステロールを上昇を抑える作用があります。

フルーツに含まれるペクチン・グアーガムもコレステロールの低下作用があるといいます。



大豆タンパク・大豆イソフラボン

豆腐や納豆・おから・味噌などの大豆製品もコレステロールの低下に役立ちます。
大豆に含まれる、大豆タンパクやイソフラボンは一緒に摂ることでコレステロールを低下させるといいます。


イソフラボンは女性ホルモンに似た構造をしていて、女性ホルモンの分泌を向上させる効果も持っていて、
骨密度の上昇や、美肌効果、ダイエットにも効果がある成分です。


また、女性ホルモンはHDLコレステロールを上げる作用があるので、積極的に摂取したい成分でもあります。


関連記事

コレステロールを下げる方法 【運動・食品・サプリ】

DHA・EPAサプリがコレステロールを下げる効果が理由


←前の記事 痩せているのにコレステロール値が高い!! 家族性高コレステロース血症



コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金