コレステロールについて

痩せているのにコレステロール値が高い!! 家族性高コレステロール血症


コレステロール値が上がる原因で少し触れましたが、コレステロール値が高い原因は遺伝的要素(家系に脂質異常症のヒトがいる)・食生活や生活習慣・コレステロール値が上がりやすい病気を羅漢していると紹介しました。


ほとんどの人が、生活習慣や食生活や肥満が原因で高コレステロール血症になっています。


なかには、健康で痩せているのに毎回健康診断でコレステロール値がひっかかる・・・という人が中にはいます。



病気や治療薬が影響して、コレステロール値が上がることもありますが、健康体で肥満でないとなると、遺伝的な要素が疑われます。


高コレステロールは遺伝するといいます。
両親のどちらかが高コレステロール血症だと、子どもにも遺伝することがあるのです。


遺伝性の高コレステロール血症を家族性高コレステロール血症と言い、生まれつき血中のLDLコレステロールが増えてしまう病気です。



両親のどちらかが高コレステロール血症の場合で遺伝子を引き継いだ「ヘテロ型家族性高コレステロール血症」と、両方から遺伝子を受け継いだ「ホモ型家族性高コレステロール血症」があります。



家族性高コレステロール血症の総コレステロール値は、
ヘテロ型家族性高コレステロール血症で250mg/dl-500mg/dl、ホモ型家族性高コレステロール血症で500mg/dl-1000mg/dlと正常な総コレステロール値(200mg/dl)の倍以上の数値です。



特にホモ型家族性高コレステロール血症は、適切な治療がされなければ冠動脈狭窄・大動脈の異常が進行し、狭心症や心筋梗塞を発症して死に至る危険のある怖い病気です。


家族性高コレステロール血症の治療は、LDLアフェレーシス療法というLDLコレステロールを直接除去する方法と、食事療法(低脂肪・低コレステロール食)・運動療法を併用して行うようです。
治療を始めるタイミングが遅ければ遅いほど、動脈硬化の危険も高くなるので注意が必要です。


ホモ型よりも少し症状の軽い、ヘテロ型家族性高コレステロール血症は食事療法を中心に治療を行います。


低脂肪・低コレステロールの食事でカロリーを制限します。
コレステロールを多く含む食品や動物性脂肪を避け、体内へのコレステロール摂取を制限し、食物繊維を多く摂取することです。


痩せているから、BMIも正常値だから、高コレステロールとは無関係。と思っていても、血液検査からでた数値が正しいです。
遺伝性のものでなくても、コレステロールを多く含む食品の摂り過ぎであったり、ストレス、飲酒・喫煙も関わってするので自己管理が必要です。



関連記事

コレステロール値が上がる原因

あなたの数値は正常??コレステロール値の見方

コレステロールを下げる方法 【運動・食品・サプリ】

コレステロール値を低下させる効果がある栄養成分

DHA・EPAサプリがコレステロールを下げる効果が理由

コレステロールを下げる食事メニューと調理方法


←前の記事 LDLコレステロールが原因で起こる疾患



コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金