コレステロールについて

コレステロールとは?どんな働きをする?1日の摂取量の目安は?


コレステロールと聞くと、あまりいいイメージは抱かないでしょう・・・健康診断などの血液検査でコレステロールの数値の欄がありますが、数値が高いとメタボなどの病気を連想します。


コレステロール、コレステロールってよく耳にする言葉ですが、いったいナニ者なんでしょう??


コレステロールとはワタシたちの体内にもある脂質の1種です。ワタシたちの体内に存在する脂質はコレステロール以外に、中性脂肪やリン脂質、遊離脂肪酸があり、骨や筋肉・内臓・神経・皮膚など健康を保つために重要な役割を果たしている成分です。



コレステロールはワタシたちの体内だけでなく様々な食品にも含まれています。



体内のコレステロールの約70%から80%は体内で合成されます。残りの20%から30%は食品から吸収されているのです。食品から吸収されるコレステロールは、摂取量の約50%から30%が小腸から吸収され胆汁を生成します。



体内で合成されるコレステロールは、肝臓で砂糖や脂肪を分子レベルまで分解されアセチル-CoA になります。このアセチルアセチル-CoA を材料に胆汁酸に作り変られます。


コレステロールはコレステロールを多く含む食品だけでなく、砂糖や脂肪からも合成されるので砂糖や脂質を摂り過ぎるとコレステロール値も上がってしまい、食生活の影響を受けやすいのです


コレステロールの働き


コレステロールには、大きく3つの働きがあります。



【働き その1】
ワタシたちの身体は、約60兆個というたくさんの細胞が集まってできています。その細胞は1つ1つ袋(細胞膜)に包まれています。


コレステロールは、細胞膜や生体膜を構成する成分となっているのです。細部膜は、細胞内にウィルスや有害物質が入り込まないようにする役割と同時に、細胞が外に出ないようにする役割もしています。



【働き その2】
身体の機能を調整するホルモン。コレステロールは、性ホルモン・副腎皮質ホルモンの材料でもあります。


取り込まれた栄養素を体内で利用する時に助ける副腎皮質ホルモンや男性ホルモン・女性ホルモンなどの性ホルモンの構成成分としても重要です。


副腎皮質ホルモンは、タンパク質や糖質の代謝・炎症を抑制・体内のナトリウムバランスを調整するのに役立っています。副腎皮質ホルモンが不足すると、疲れやすく元気がなくなってしまいます・・・また、性ホルモンは卵巣・精巣で合成され性的特徴や生殖機能を司っています。



【働き その3】
脂肪やタンパク質を消化・吸収するために必要な消化液 胆汁酸を構成する成分です。


胆汁酸は体内コレステロール代謝の最終産物で、脂肪を摂取すると、肝臓から胆汁として脂肪の消化・吸収を助ける働きがあります。胆汁にコレステロールが多く含まれすぎてしまうと、胆石症や胆のうがんの原因にもなってしまいます。

1日あたりのコレステロール摂取量の目安



食事から摂る1日のコレステロール摂取量の目安は、18歳以上の男性750mg未満、18歳以上の女性が600mg未満です。


コレステロールは、上記でもお話したように体内でも1日に1500から2000mg合成されています。


では、どんな食品をどれくらい摂ったら1日の摂取量になるのでしょう??


コレステロールを多く含む食品は、卵(黄身)やイカ、たらこ、すじこ、いくら、ししゃも、しらす干し、レバーなどです。



あれれ??


想像していたものとちょっと違う結果です。イメージでは、お肉やお菓子などカロリーの高いものがコレステロールも高いもんだと思っていました。


卵にはコレステロールが多く含まれていて、全卵1個(55g)あたりに約280mgのコレステロールが含まれているのです。卵を2個食べたら、1日の摂取量に近いコレステロールが摂取できてしまうのです。卵は1日1個。と聞いたことがありますが、コレステロールが関わっていたのかもしれませんね。



卵の黄身にコレステロールが多く、白身にはほとんど含有されていないのでコレステロールが気になる場合、黄身を取り除く・減らしてみるのもいいでしょう。


また、生のするめいかも1/2杯で約240mg。するめ(干物)になると、約40gでなんと392mgものコレステロールが含まれているんです!!!するめってヘルシーだと思っていたのでなんだかショックです・・・・


他にも、たらこが1腹(65g)で228mg、ウナギのカバ焼き(50g)で115mgと、魚介類・卵類、内臓系にコレステロールが多く含まれていることが分かります。


逆に、コレステロールを含んでいない食品もあるのでしょうか??



米や食パン・麺類・いも類などの炭水化物、豆腐や納豆・油揚げ・春雨・みそなどの豆類、しめじ・しいたけ・えのきなどのきのこ類は全てコレステロール0mgなんです!


きのこ類や豆類がコレステロール含んでないのはなんとなく分かりますが、穀類・いも類の炭水化物にはコレステロールが一切ふくまれていないことが意外でした☆


身体にとって必要なコレステロールですが、過剰摂取で高コレステロールにならないよう摂取量を考えた食生活が必要ですね。



関連記事

あなたの数値は正常??コレステロール値の見方

コレステロール値が上がる原因



コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金