コレステロールについて

LDLコレステロールが原因で起こる疾患


血液中にLDLコレステロールが多いと、血管内で溜まり血管が詰まってしまって動脈硬化の危険が高まってしまいます・・・


LDLコレステロールが多いことももちろん問題ですが、血管に溜まった余分なコレステロールを回収する役目のHDLコレステロールが低い場合も同じリスクがあります。

LDLコレステロール値が高い 高LDLコレステロール血症と、HDLコレステロールが低い 低HDLコレステロール血症は、どちらも脂質異常症になります。


脂質異常症ってどんな病気なんでしょう??



脂質異常症とは、体内で脂質が上手く処理できない・食事から脂質をとりすぎることで、血中脂質が異常な状態を指します。


LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・中性脂肪の多い高中性脂肪血症の3つのタイプがあります。
LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症は動脈硬化を直接引き起こす危険因子



高中性脂肪血症は、動脈硬化の直接的な原因にはなりませんが影響していることには違いありません。
高中性脂肪症の場合、メタボリックシンドロームの危険因子のほうが多く持っているので、数値には気をつけないといけません・・・


脂質異常症自体、なにか特別な症状があるというわけではありません。
生活習慣病の1つでもある脂質異常症は、互いに影響しあいあって複数の病気を合併しやすいのだそうです。



脂質異常症は、動脈硬化の危険因子とも言われ、何の自覚症状も全くなく動脈硬化を促進してしまいます。

動脈硬化はサイレント・キラー(静かなる殺し屋)とも言われ、自覚症状なく進行し心筋梗塞・脳卒中・狭心症などを引き起こす原因にもなるのです。


コレステロールが多くなりすぎると、肝臓で分解・処理しきれなくなっていまい、胆汁が結晶化して胆石症にもなりあます。


脂質異常症が引き起こす病気は、

・動脈内にコレステロールなどが沈着して血管が狭くなり流れが悪くなる 動脈硬化


・脳の血管が詰まり血流が低下、酸素や栄養が行き届かなくなってしまい脳が壊死してしまう 脳梗塞


・心臓の冠動脈が細くなり、心筋に酸素が行き渡らなくなる 狭心症


・狭心症が進行し、心筋が壊死してしまう 心筋梗塞


・歩行による足の痛み・しびれが起こる 間欠性跛行症


・胆管・胆のうに石ができてしまう 胆石症 など、死につながる多くの病気があります。



コレステロール値が気にされるのは、死につながる疾患になる危険性が高いからなんですね。


関連記事

コレステロールの種類 HDLコレステロールとLDLコレステロール

中性脂肪の数値 TG値で分かる? 病気のリスク


←前の記事 コレステロール値 低くても問題あり!??



コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金