コレステロールについて

DHA・EPAサプリにコレステロールを下げる効果がある理由

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)。コレステロール値を低下させる効果がある栄養成分でも紹介したように、コレステロールを下げる効果があると有名な成分です。


DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)・・・n-3系の不飽和脂肪酸の1つでヒトの健康な身体に欠かすことの出来ない必須脂肪酸でもあります。



DHA・EPAが豊富に含まれる食品は魚貝類や海藻類。中でもマグロ、サンマ、イワシ、アジなどの背が青い青魚が豊富です。


しかし、DAH・EPAともに、加熱に弱く酸化しやすいのが欠点・・・
生で食べるお刺身が1番効率的に食品から摂る方法なのですが、なかにはお刺身などの生物が苦手であったり、疾患などで生物を摂取を制限されているひともいるでしょう。
ヒトの身体に必要な必須脂肪酸であるのに、体内では合成できないというので外部からの摂取で補うしかありません。



加熱に弱く酸化しやすいとなると、毎日の食事から摂ることってちょっとむずかしくなってきます。



そんなときに、DHA・EPAサプリが活躍します。
簡単・手軽に毎日確実に摂取することが可能なのがサプリです☆


(おすすめDHA・EPAサプリ→高スペックDHA・EPAサプリメント 「きなり」




DHA・EPAサプリが、コレステロールを下げる仕組み



DHA・EPAは身体の健康を維持すつためにも必要な必須脂肪酸。


体内で合成することができず、食物など外部からの摂取で補う必要のある必須脂肪酸。
脂肪酸は飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸の2つ分かれます。
不飽和脂肪酸の中でも、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、この多価不飽和脂肪酸の事を必須脂肪酸と言います。



飽和脂肪酸はバター・ラード・牛脂などに含まれる動物性の脂質。
温められれば溶けますが、常温・低音では固まってしまいます。



一方、不飽和脂肪酸は、魚油(マグロ・イワシ・サンマなど)や植物性油(オリーブオイル・ごま油・など)。
常温でも固まりにくく体内でも液体のままでいられるので、血液の流れを妨げることがありません。



DHA・EPAは、不飽和脂肪酸の中でもn-3系不飽和脂肪酸に分類されます。
n-3系不飽和脂肪酸は、体内の生理活性物質(酵素の活性調節、細胞内シグナルの伝達などを行う)、細胞膜の材料となる物質です。
血液中の中性脂肪・LDLコレステロールを減らし、血栓をできるのを防ぎ動脈硬化を予防してくれます。


同じ不飽和脂肪酸のn-6系不飽和脂肪酸は、コレステロールを下げると同時に、HDLコレステロールも下がってしまいます。
しかし、n-3系不飽和脂肪酸の特徴は、LDLコレステロールを低下させてもHDLコレステロールは低下させることなく維持できるという、優れた特徴も持っているのです。


DHA、EPA以外にもn-3系はあります。
必須脂肪酸α-リノレン酸です。


α-リノレン酸は、植物性油に豊富に含まれる成分で体内でEPAやDHAに変化するのです。
ですから、α-リノレン酸は体内でDHAやEPAと同じ効果を発揮するのです。


(おすすめDHA・EPAサプリ→高スペックDHA・EPAサプリメント 「きなり」




α-リノレン酸、DHA、EPAそれぞれの働き

α-リノレン酸・・・血流改善・血栓予防・アレルギー抑制・老化予防・高血圧・ガンなどを予防する効果があります。
心臓血管系疾患を予防。
また、皮膚のしわやたるみの予防にも効果があると言われます。


DHA・・・最も大きな効果が血流改善効果です。
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の予防に効果があることがよう知られています。
また、学習能力・記憶力の向上の効果があり、頭を良くする成分としても有名です。
それ以外にも、視力低下の抑制・動脈硬化の予防・高脂血症の改善・高血圧の予防・痴呆の予防・改善、アトピーの改善など多くの作用を持っています。


EPA・・・DHA同様、血中の中性脂肪やコレステロールを下げ、血液をサラサラにして血栓が作られにくくする働きがあります。
DHAとの相乗効果で脳の血管を健康に保ちます。
EPAには、血小板凝集抑制効果があり、心筋梗塞や虚血性疾患の予防にも効果があります。


関連記事

コレステロールを下げる方法 【運動・食品・サプリ】

コレステロール値を低下させる効果がある栄養成分


←前の記事 コレステロール値を低下させる効果がある栄養成分



コレステロールについて

 

肥満の原因  中性脂肪

 

コレステロールを下げるサプリ

 

サプリ・食品関連コラム

 

健康関連コラム

 

定期預金